家づくりの7つのこだわり|三郷市,葛飾区・足立区・江戸川区・荒川区の注文住宅・リフォームならISOLA HOMEへ

open 月~土 9:00~19:00 
※日祝休み

0120851997

お問い合わせ

家づくりの7つのこだわり

スーパーウォール工法、ZEH、高性能ハイブリッド窓

快適な空間

冷暖房や計画換気システムを組み込んだ、高気密・高断熱・高耐震構造です。

スーパーウォール(SW)工法は、木造軸組工法をベースに高性能SWパネルをプラスした高気密・高断熱・高耐震構造。 冷暖房や計画換気システムを組み込んで、部屋ごとの不快な温度差や空気のよどみなどを解消し、住まいの基本性能を大きく向上します。

温度差が小さい!

冬暖かく、夏涼しい。一年を通して快適に暮らせる。部屋ごとの温度差が小さく、ヒートショックを抑える。部屋の天井付近と足元の温度差が小さい。

空気がきれい!

外からの空気を常に取り入れ、室内の汚れた空気を排出します。また、空気のよどみが少ないです。
 

地震や台風に強い!

パネル構造で耐震性・耐風性を高めます。永く安心して暮らせる、充分な耐久性があります。
 

省エネルギー!

室内からの熱が逃げにくく、冷暖房効率が高いです。
 
 

音が静か!

外の騒音を低減し、室内から外部への音漏れも抑えます。
 
 

スーパーウォール工法

スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す「高気密・高断熱・高耐震構造」です。スーパーウォール工法では、家の中の温度差を少なくし、快適な暮らしをつくります。また、計画換気システムで24時間、健やかな空気を保ちます。耐久・耐候性、遮音性能にも優れており、安心の品質をお約束します。

参考サイト

LIXIL | 高性能住宅工法 | スーパーウォール工法

スーパーウォール工法(PDF)

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは、国が2030年に向けて推進しているエネルギー政策です。「断熱+省エネ+創エネ」を組み合わせ、暮らしで使うエネルギーを、住宅の高断熱化と省エネにより減らし、エネルギー収支ゼロを目指します。国は低炭素化社会に向けて、標準的な新築住宅での実現を推進しています。

PASSIVE FIRST+ZEH(PDF)

高性能ハイブリッド窓「サーモスL」

高性能ハイブリッド窓「サーモスL」は、アルミの良さと樹脂の良さを融合、それぞれの利点を活かし、部屋ごとの温度差を抑えることができます。優れた断熱性能で暖房時の熱の流出、冷房時の熱の侵入を抑制し、暖冷房の効率を高めます。また、電気の使用量を減らすことで、暖冷房費やCO2排出量を大幅に低減します。
冬は暖かく、夏は涼しい快適な暮らしを実現します。

参考サイト

LIXIL | 窓まわり | サーモスL

サーモスL(PDF)

MOCOフォーム

「人」「家」「地球」にやさしい断熱材、MOCOフォーム

木材に自己接着、すき間のない断熱層を形成するから「高断熱+高気密」。しかも、呼吸することで湿気をコントロールします。

夏は涼しくて冬は暖かい!

MOCOフォームなら、すき間のない高断熱、高気密の省エネ住宅を実現できます。繊維系断熱材とMOCOフォームを比較した冷暖房負荷計算の場合、年間冷暖房費を約70,000円節約出来ます。
また、外気温に関係なく、一日中16,5℃~22℃の安定した室内温度を保てます。いつでも快適なうえ、光熱費も節約でき、とても経済的です。

ピタッとつくから長持ちする!

吹き付け施工で100倍に発泡し、木材に対して半永久的に自己接着します。そのため木材が伸縮しても脱落することなく、長期的に渡って性能を維持します。すき間のない断熱層を簡単に形成できると共に、機能性に優れた「高断熱」+「高気密」を実現します。

お部屋はとっても静か!

音の伝達は、空気音と固体音の2種類があり、住宅においての防音対策も千差万別です。MOCOフォームは隙間なく、充填するので優れた遮音効果を発揮します。

軽いからお家に負担がかからない!

硬質ウレタンフォームは、軽量で断熱性能が高く、スペースシャトルの燃料タンクから一般家庭の冷蔵庫など、さまざまな場所で活躍しています。MOCOフォームは水発泡の硬質ウレタンフォームですから、非常に軽く躯体に負担がかからないため家が長持ちします。

ウレタン吹き付け施工

ウレタン吹き付け施工

参考サイト

戸建住宅 | 日本パフテム株式会社

ゲンシンパッキン

減震パッキン「UFO-E(ユーフォ―イー)」は、歪・静止摩擦のWブレーキで減振。
大型地震対策に最適!

大地震対応で性能が高い「絶縁工法」

地震力が建物に入る前に滑り、摩擦抵抗(ブレーキ)で300~800galの加速度を減振します。

コストが安い

免震構造と同じ絶縁工法でありながら、コストは免震構造の十分の一になります。

施工が簡単

大工さんの手でアンカーボルトに差し込むだけで完了です。

減震なし

減震あり

もともと制震構造は無弾性スチール、粘弾性ゴム、低反発ゲル、ダンパー類などの制震材や機械的装置により地震の揺れを減少させるもので、大型ビルなどに使われていました。しかし、それらの制振装置を木造住宅に用いると、従来の木造壁と制震壁の揺れ方が違うため、バラバラに揺れて危険な状態になる可能性がありました。
減震パッキン「UFO-E」はWブレーキ構造で地震力が建物に入る前に滑り、摩擦抵抗で300~800galの加速度を減震します。

美味しい空気

FFC免疫住宅

最近の住宅は、冷暖房の効率を上げたり湿気の進入を防いだりするために、機密性が高くなっています。そのため、建材から出る化学物質やハウスダストなどが住宅の中にとどまりやすく、シックハウス症候群やいろいろなアレルギーの一因になっているのではないかとも言われています。
FFC免疫住宅は、健康を第一に考え、より自然に近い生活環境を目指して開発された住宅です。気持ちよく深呼吸できるお住まいで、小さなお子様も安心して過ごすことができます。

エコロジー

LIXIL SOLARとマイホーム発電

東日本大震災以降、再生可能エネルギーの重要性が日増しに高まっています。クリーンな太陽光エネルギーを使って発電できるマイホーム発電は、ご家庭の光熱費が節約できてお得な上にエコロジーにも優しいのがメリットです。

太陽光発電システムは太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換するシステムです。太陽が出ている晴れの日はご自宅の屋根やカーポートなどで発電することができるので、ご家庭の光熱費を節約することができます。さらに、余った電力は電力会社に売ることもできるので経済的です。

クリーンな太陽光エネルギーを使うので、CO2排出量の削減にも貢献できます。発電量や売電量、CO2削減量はいつでもモニターで確認できるので、自然と省エネ意識も高まります。

しっかりした基礎工事

住宅の基礎はお住まいの寿命を左右する大切な土台です。上に建てる建物がどんなに高性能でも、基礎が弱いとお住まいは災害に弱く、長持ちしません。快適で安全な家づくりをするために、イゾラホームは地盤調査からきっちり行い、見えないところまで妥協をしません。

地盤調査

地盤調査

土地自体の良い・悪いは、見た目や過去のデータだけでは容易に判断がしがたいものです。
地盤調査で、地盤の強度や地層の構成、地質などを正確に調査します。

大事な建物を支えるベタ基礎構造

大事な建物を支えるベタ基礎構造

高強度コンクリートベタ基礎によって、建物の重量をしっかり支え、地震や台風によって躯体に加わる荷重を地盤にバランスよく分散します。内部には鉄筋を縦横に配筋し、重要なコーナー部分は強度をさらに高めています。

通気基礎パッキンを採用して床下の換気を確保

通気基礎パッキンを採用して床下の換気を確保

従来の床下換気に代えて、通気基礎パッキンによる床下換気方式を採用しています。
床下全体を換気して、土台の耐久性を高めます。さらに基礎耐圧盤全体に防水シートを敷き、地面からの湿気の侵入を抑え込みます。

コンピューター制御の高精度プレカット工法

コンピューター制御の高精度プレカット工法

当社提携プレカット工場では、設計図面に基付き柱、梁などの各部材をコンピューター制御によって一括加工しています。ミリ単位での加工精度は現場でガッチリと組み合う高精度工法により、作業時間のロスを無くし、品質の向上を実現しています。

水平構面強度を向上させる根太レス剛床工法

水平構面強度を向上させる根太レス剛床工法

各階の床一面に構造用合板(規格寸法24ミリ)を敷き詰めることで、躯体の水平強度を通常のネダ工法の約1.5倍以上向上させています。階上の音が階下に伝わりにくくなり、熱伝動も低くする効果があります。

床下スッキリでしっかり支える鋼製束

床下スッキリでしっかり支える鋼製束

従来の木製の束と異なり、腐る事がなく、安定した強度を保つ事ができます。
また、束同士の根がらみが必要なくなり、床下の構造がスッキリして通気がさらに良くなります。

ずっと安心

信頼と安心保証とアフターメンテナンス
イゾラホームにとって、アフターメンテナンスは当たり前のこと。

わたしたちは、埼玉県の三郷市を拠点とする工務店です。地域密着、地元に愛される存在になることを目指しています。その為、お引き渡し後に無料定期点検を実施しておりますが、定期点検以外にも何かあればすぐに声をおかけください。かかりつけのお医者さんのように、お客様の頼りにしていただける存在になりたいです。

イゾラホームの保証体制

地盤保証

地盤の不動沈下による建物の損害を保証するものです。不動沈下が原因の住宅の原状回復費用並びに補修工事期間に必要とされる仮住居とその費用を、お引き渡し日から10年間、最高5,000万円まで保証を行います。

地盤保証

参考:地盤ネット

建物完成保証

建物完成保証

住宅完成保証制度とは、業者倒産などにより工事が中断した場合に、発注者の負担を最小限に抑えるため、第三者機関が工事の中断や引継ぎに伴い発生する増嵩工事費用や前払い金の損失の一定の限度額の範囲内で保証金をお支払いするものです。
また、発注者の希望により代替履行業者(工事を引き継ぐ業者)をあっせんします。
当社は、「住宅完成保証制度」を利用することができる「登録事業者」になるための経営内容チェック等の厳しい審査をクリアしています。

イゾラホームのアフターメンテナンス保証

お引渡しの日から起算して、建物の部位別に保証期間を設けています。
また、お引渡し後5年まで、定期点検も実施しております。

定期点検の流れ

定期点検の時期になりましたら、往復ハガキにてご案内しております。

  • ①点検実施希望の可否
  • ②ご都合の良い日時を何候補か
  • ③お住まいで何か気になる点やご心配な点

記入欄がございますので、返信用ハガキにご記入して頂き、ポストに投函してください。
後日、訪問日時を調整し、決定日のご連絡をさせて頂きます。

住宅瑕疵保証

■住宅保証機構による「まもりすまい保険」
住宅の基本構造部分の瑕疵に起因して、基本構造部分の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合、修補費用が保険金として支払われます。

参考:住宅取得者さまへのご説明|まもりすまい保険|住宅保証機構株式会社(PDF)

■日本住宅保証検査機構「JIO」による「瑕疵担保責任保険」
構造耐力上主要な部分及び雨水の浸水を防止する部分に関する瑕疵が発生した時に修補費用が保険金として支払われます。

参考:JIO | 住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構

注文住宅事例

注文住宅事例

これまでイゾラホームが手がけてきたお住まいの実例をたっぷりご紹介します。こだわりのポイントをご覧下さい。

注文住宅事例

注文住宅の流れ

注文住宅の流れ

イゾラホームの注文住宅に興味を持っていただいた方はまずご相談をお受けしています。仕様から資金のことまでなんでもお聞きください。

注文住宅の流れ

お気軽にご相談・お問い合わせください

open 月~土 9:00~19:00 ※日祝休み

お問い合わせ

pagetop